学習指導

学びの主体は子どもたち。
見守る教育を推進しています。

子どもたちは21世紀の担い手です。
これからの子どもたちに必要なのは、未知の事態に遭遇したとき、
どう対処したらいいかを「自ら考え、自ら学び」そして、「自ら行動する」力です。

私たちは「学ぶ量を増やす」ことよりも
「自分で学びとろうとする力を育てていく」ことが
大切だと考え、実践を展開しています。

私たちが目指す授業とは

「今日は授業で一体どんなことをやるのだろう」と、
子どもはワクワクしながら登校してきます。
授業の最初は、何をやっているのか、
どうしてそうなるのか分からない子どももいるでしょう。

でも、友だちの発表を聞いたり、教師の話を聞いたりして、
段々と内容が分かってきます。
そして、授業の最後には「そうだったのか!」と、
子どもの表情が変わってきます。

私たちが目指す授業とは、教師が一方的に教え込むものではありません。
子どもが考えを出し合い、その考えを広げたり、深めたりして、共有化を図ります。
時に間違えた考えが生かされることもあります。
共に学ぶよさや喜びは、学校の授業でしか味わうことができません。
そのため私たち教師も、子どもと一緒に学び、研究していく姿勢を大切にしています。

「授業を共に創る」ことこそ、私たちの目指している授業です。
この実践を通して、「追求する力」が育てられると考えています。
その日の授業を振り返り、さらにもう一度自分で調べたり、深めたりできる子どもを育てていきます。

教頭 佐藤 純一

ページ
TOPへ