学級指導

しらかばの時間

学級会・道徳の時間

週一回のしらかばの時間では、学期ごとにクラスで取り組む目標を話し合ったり、クラスの中で困っていることや問題になっていることをじっくり話し合ったりします。また、クラスの係を決めたり、行事のことを相談したりすることもあります。ときには、クラスの雰囲気作りのためや友だちとの交流をより活発にするために、楽しいゲーム大会やスポーツ大会を企画して、実施することもあります。

日記

日記

学園の子どもたちは、1年生の1学期の終わり頃から6年間、いろいろな形をとりながらも、日記を書き続けています。学校での授業や生活を振り返ったり、家庭での出来事も含めて、1日を振り返って、感じたこと思ったことを綴っています。
日記には、担任の教師からのコメントが記されて返されます。その担任のコメントを読むことで、また次の日も書こうという意欲がわいてきます。
日記を通して、学級担任は、子どもの理解にも役立てていますし、何より子どもと教師とのよいコミニュケーションの役割もはたしています。